トップページ > 大勝病院について

大勝病院について

院長ごあいさつ

有村公良大勝病院は昭和55年全国に先駆けて神経内科・リハビリテーションの専門病院として開院しました。当初より鹿児島県に多い脳卒中を中心に急性期から慢性期まで一貫して診察できる病院として機能してきました。現在でも脳卒中の診療には力を入れており、とくにリハビリテーションでは促通反復療法(川平法)やボツリヌス療法など新しい手法を取り入れ成果を挙げています。

また当院は数多くの神経内科専門医を擁し、日本神経学会認定教育施設として頭痛、めまいなどの日常的に起こる神経疾患や、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの神経難病まで、数多くの神経疾患の専門的診療を行っています。神経疾患は、以前は治療が困難な病気が多かったのですが、最近の医学の進歩により様々な治療法が開発され、症状の改善が見られるようになっています。

他の神経内科の病院と異なる特徴の一つは、いろいろな神経疾患に対するリハビリテーションを行えることです。最近脳疾患の治療にリハビリテーションが副作用も少なく、とても有効であることが次々に明らかになっています。例えばパーキンソン病の歩行や姿勢の矯正に有効であることがわかってきているLSVTという新しいリハビリテーションの手法なども取り入れています。

一方後遺症が残り、自宅や施設でお暮らしの神経疾患の患者さんが肺炎や脱水などで入院治療が必要な場合にも即座に受け入れる体制もあります。その他鹿児島県地域リハビリテーション広域支援センターとして、患者さんのみならずご家族や地域の住民の方々との交流、支援にも努めております。
今後も新しい治療法やリハビリテーション手法を取り入れながら、先見的な神経疾患専門病院をめざしてゆく所存です。

医療法人三州会大勝病院 院長 有村公良

大勝病院概要

大勝病院外観

名称 医療法人三州会 大勝病院
所在地 〒890-0067 鹿児島市真砂本町3番95号
院長 有村 公良
開設日 昭和55年2月1日
診療科目 神経内科 リハビリテーション科
診療時間 9:00〜12:30 14:00〜17:30
(ただし、急患の場合は上記に関わらず診療いたします。)
休診日

日曜・祝祭日
お盆休み(8月14・15日) 年末年始(12月31~1月3日)

お問合せ

電話:099-253-1122
FAX:099-254-9643

病床数 260床
一般病棟:93床
療養病棟:167床
(回復期リハビリテーション病床60床)
PAGE TOP ▲